農~labo-泉州の活動

●「食」というキーワードで繋がる農業と地域
●様々な農laboプロジェクトを創出
●同じ目線で繋がる農福連携のカタチ
●SDGsへの取り組み
 -コンポストをオシャレに取り組もう
 -廃棄紙袋を利用したエコバックなどの製作
 -生活困難家庭に野菜を送るプロジェクト
 -生分解性マルチを利用した野菜栽培
 -地域の子供たちへの食育活動
●援農ボランティア
 農福連携&SDGs、地域活性化、食のプロジェクトへの取り組みに参加しよう❗️
 農labo援農ボランティアでは、ボランティアを通して農福連携活動やSDGs、地域活性化の取り組みをおこなっています。
 参加者の方々は、リピーターとなる方が多く食に関する様々なプロジェクトを立ち上げたり活動に参加しています。
 農laboと食の取り組みを一緒にやりませんか?

援農ボランティア

農labo援農ボランティアに参加する様々な人達、

高校生、大学生、社会人、様々なキャリアをもつ方々

農labo援農ボランティアは、ただ、農作業をお手伝いするだけではありません。

農業の今を知り参加者同士で交遊し何かしら日々の糧を得るそんな場所です

来てよかった、おもしろかった、そう感じて帰って頂くそれが農laboボランティアプログラム

南海線泉佐野駅、もしくは、阪和線日根野駅に来て頂ければ送迎致します。
受け入れ日は、随時承っています。
活動時間、応相談

農laboプロジェクト

農labo ギャラリー

Twitter

一般社団法人農laboファクトリー
代表理事 奥修宏
所在地 大阪府泉佐野市南中安松943
TEL 072-466-545@5
@をとってお電話ください

powered by crayon(クレヨン)